2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日

レコメンド

 
香りの玉手箱 香水の濃度と種類『CREAVIOLA』
今日のコラム


コラムでは、まず「知っておきたい香水の基礎知識」と題して、
香水の種類やつけ方、保存方法やオリジナルの楽しみ方などを
1つずつ更新していこうと思います。

「初めて香水をつけるとき、どこにつけるのか分からない。」
「買った香水の匂いが変わってしまった。」
「友達や恋人に、香りがキツイと言われてしまった…。」
香水を愛用している方なら、経験がある方も少なくないのでは。

香料の特性や賦香率の違いを知って、香水の付け方や保存方法を知り、
今よりもっとフレグランスライフを楽しんでくださいね♪♪

まずは、香水の種類・分け方についてお話します。
香水を選ぶときの参考にしてくださいね♪


香水の種類
香水は香料の含まれる割合によって種類が異なります。
香料が多く含まれていれば濃度は高くなり、その分高価になります。
香料の含まれる割合によって、「EDP」(オードパルファム)や
「EDT」(オードトワレ)のように香水の呼び方も、香りの持続時間も変わります。
大きく分けて下のように4つに分類されます。

しかし、賦香率とその割合については法律で定められていません。
つまり、メーカーが「オードパルファム」といって売り出せば
その商品は「オードパルファム」ということになります。
たとえ同じ賦香率でも、他のメーカーでは「オードトワレ」かもしれません。
そのため、EDPやEDTといった表記は参考程度にとどめた方がいいと思います。

フランス語表記
名称・表記
賦香率
持続時間
特徴
Parfume
パルファム
(P)
15〜30%
5〜12時間
もっとも賦香率が高いので、香りが深く、強く香る。
一番高価だけど、つけるときは少量でok♪
Eau de Parfum

オードパルファム
オーデパルファム
(EDP)

 
10〜15%
 5〜12時間 
パルファムに近い濃度でお手頃価格の商品が多い。
ヨーロッパではナイトフレグランスとして親しまれている。
Eau de Toilette

オードトワレ
オーデトワレ
(EDT)

 
 5〜10% 
 2〜5時間 
日本で発売される香水の中で、EDPと並んで一般的。
数時間でほんのりと残り香が香る程度なので、
デイタイムやオフィスタイムにも使いやすいタイプ。
Eau de Cologne
オーデコロン
(EDC)
 15〜30% 
 1〜2時間 
もっとも賦香率が低く、気軽に使えるタイプ。
ライトな香りはお風呂上がりやスポーツ後のリフレッシュにぴったり!


参考程度とはいえ、やはり各ブランドにおいて
「Parfum」は特別な意味をもつアイテムといえると思います。
たとえば、同じ名前の香水であっても、オードパルファムやオードトワレより
マテリアルのグレードが高く、高品質で希少なものを使用していたり。
賦香率が高いというのは、ただ香りが濃いだけでなく、より奥行きのある
深みをもった香りを楽しめることが一番の魅力といえると思います。


名前の由来
「Eau」はフランス語で「水」のことをいいます。
つまり、「Eau de〜」は「〜の水」ということになります。

「Perfum」は「香り」なので、それぞれ
「Eau de Perfum」は「香りの水」、「Eau de Toilette」は「化粧室の水」
「Eau de Cologne」は「ケルンの水」、となります。

「化粧室の水?化粧水じゃなくて?」と思われるかもしれませんが
香水にスキンケア効果はないので、化粧水とは言えません。
この場合は「お化粧直しのときにサッと纏える香り」というニュアンスで
とらえるのがいいのかなと思います♪


オーデコロンの由来とされる「ケルンの水」というのは、
1709年創業のヨハン・マリア・ファリナ社によって作られた香水です。
シトラスとローズやラベンダーなどのフローラルを組み合わせたフレッシュな香りに
当時はヨーロッパ中の貴族たちが夢中になり、なんと王室御用達にまでなったそうです。

さらに18世紀末の7年戦争などでドイツに駐在したフランス軍の兵士たちが
自国へのお土産として持ち帰ったことにより香水の本場・フランスでも大変な人気を博し
それまで貴族など高い身分の人のものであった香りを楽しむ文化が、
庶民に広がるきっかけとなった出来事でもあったといわれています。


今では香水だけでなく、食べ物や洗剤など、様々なものに使用されている香料ですが
もしフランスの兵士たちが「ケルンの水」を持ち帰らなければ、
現代でも選ばれた人々しか手に入れられないものだったかもしれません。

今では、日本を始め世界各国で、香水だけでなく、
さまざまなフレグランスアイテムがあります。
私たちが気軽に香りを楽しめるようになったのは
フランス兵士たちのおかげかもしれませんね。

それでは、香りの種類を参考に、
さまざまなシーンに香水を取り入れてみてくださいね♪


次回のコラムでは、香水の付け方についてお話します☆